FC2ブログ

くろねこヤマトの戯言

俺様ヤマトとおかーさんとおいちゃんの ばかばかしい話でも。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

プロフィール

勝手、気ままにリンク♪

最新記事

Lc.ツリーコメント

スポンサード リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

「殺処分について」何かの問題提起!?・・・主に自分の備忘録です・・・ 

本日は「小難しい話」&「長文」となっております。画像もありません。
誰かに読んで欲しい思いと、自分への備忘録としてココへ残しますので 興味ない方はスルーで。。。

URLは2009年3月12日のヤフー・ニュースで見つけた記事です。
URLは期限があると思うので 下に文字として残したいと思います。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090312-00000019-nnp-l43
犬殺処分ゼロ 熊本市の挑戦 持ち込みの飼い主説得 HP開設し迷い犬紹介 生存率82% 地道な努力成果

 3月12日15時7分配信 西日本新聞

 自治体が捕獲したり、飼い主から引き取ったりした犬の8割に当たる約11万匹が毎年、全国で殺処分されている。そんな中、熊本市は犬を飼い主に戻すことや新たな飼育者探しを続け、処分率を全国トップクラスの2割以下に減らしている。「殺処分をなくそう」を合言葉にする同市の取り組みが注目されている。

 悲しげな目をした犬が「ガス室」に送られ、殺される場面がビデオで流れる。熊本市動物愛護センターで週1回ある譲渡前講習会。保護された犬を譲り受ける飼い主は、必ず受講しないといけない。2年半前から始まった。ある日の受講者は女性2人。ビデオ放映後、獣医師の斉藤由香さん(27)がペットの面倒を一生みる「終生飼養」の大切さを講義する。

 「犬を飼うのは簡単ではありません。本当に飼えるのか、考えて決めてください」。参加した主婦(47)は「子どもを育てるのと一緒なんですね」とうなずく。

 かつて熊本市は一週間程度保護して処分していた。この“流れ作業”に変化が起きたのは2002年。終生飼養をうたう動物愛護法の理念を生かし、動物愛護推進協議会を発足させ、生存率を上げる取り組みを始めた。迷い犬を飼い主に戻そうと、保護した犬を紹介するホームページもこの年、開設した。

 センターの職員は憎まれ役も辞さない。娘と一緒に認知症の犬を連れてきた母親に「家族同然の犬を捨てていいんですか。娘さんはお母さんの背中を見て泣いていますよ」と翻意を促す。転勤などで犬が飼えなくなる場合、新たな飼い主を探すよう求める。それでも、引き取りを求める人には「犬を飼う資格はない」と非難することも。

 地道な努力が実を結び、熊本市の07年度の犬の引き取り数は1998年度の1割の52匹に減った。飼い主に返還する犬も増え、98年度に12.4%だった生存率が07年度は82.1%に上昇した。

 現在は保護する犬が50匹を超えた場合に処分する。年々、引き取り数が減っているため、保護期間が長くなり、餌代が増えた。増加分は市民やボランティアの寄付で賄っている。

 この試みが注目を集めている。獣医師の斉藤さんは山口県下関市からの派遣職員。熊本市の取り組みを知った下関市長が昨年4月から1年間、研修に送り出した。斉藤さんは「市民を説得する職員に感銘を受けた。このノウハウを下関でも生かしたい」と語る。

 熊本市は4月からセンターの職員が小学校で動物の命の大切さを教える出前授業も始める。命を軽んじる事件が後を絶たない今だからこそ「殺処分ゼロ」を目指す熊本市の挑戦が、ほかの自治体にも広がってほしい。 (熊本総局・野村創)

=2009/03/12付 西日本新聞夕刊=


題名・本文ともに改行など加えておりません。
こうした地方の新聞のイチ記事が読めるのも ネット普及のおかげですかね。
そのかわり、地元紙を購入する人は 減っているかもしれません。。。

この記事を見つけて、西日本新聞の記事を追々読んでみると 九州地方での動物保護や殺処分に対する動きが活発なのかなという印象。
他にも↓このような記事も見つけた。


http://qnet.nishinippon.co.jp/animal/with/2008/12_post_3.shtml
犬猫殺処分 有料に 福岡県と北九州など3市方針
 犬猫殺処分頭数が全国で最多の福岡県内で、県と福岡、北九州、久留米の三市が連携し、2009年10月から処分を有料化する方針を固めたことが29日、分かった。手数料徴収で飼い主のモラル向上につなげ、処分数を大幅に減らすのが狙い。成犬1匹当たりの手数料は2000円程度で調整している。

 05年の動物愛護法改正を契機に九州各県が有料化を進めており、福岡県でも各自治体が足並みをそろえ、関係条例の制定、改正に動く。

 現在、県は13カ所の保健福祉環境事務所、福岡、北九州、久留米、大牟田の四市はそれぞれの「動物管理センター」を窓口に、無料で犬猫を引き取っている。06年度に県内で殺処分された約1万8000匹のうち、飼い主などが持ち込んだ犬猫は約1万5000匹。県は今年3月、動物愛護推進計画を策定、「10年間で殺処分数半減」を目標に掲げた。

 県と北九州市などは、自治体間で処分手数料に違いが生じるのを防ぐため、行政区域の枠を超えて一斉導入する方針を確認した。大牟田市も時期は未定だが有料化を検討している。

 北九州市は処分有料化のほか、犬をつないでおくなど飼い主の義務を明文化した動物愛護条例案を2月定例市議会に提出する方針。県と福岡市、久留米市も関係条例の改正案を準備している。手数料は県内一律で成長した猫も2000円程度、子犬、子猫は400円程度となる見通し。北九州市保健衛生課は「飼い主の責任を明確にし、安易な持ち込みを抑制したい」としている。

 動物保護団体の「地球生物会議」(東京)は「有料化した自治体では引き取り数、野良犬・猫の捕獲数、処分数とも減少している。飼い主に対して一定の教育的効果がある」と話している。

2008年12月30日


バックナンバーを見るだけでも 取り組みなどが多い気がする。
バックナンバーは記事タイトルをクリックすると 別窓で開くようにしました。
お時間あればご覧下さいm(_ _)m

【バックナンバー】
 2009年02月06日 福岡市 殺処分半減へ100の施策 10カ年計画案 動物管理行政見直し
 2009年02月01日 ヤマネコ保護支援 飲料自販機を設置 対馬市に6台
 2009年01月28日 住宅地出没のサル殺処分 住民からは安堵の声 人と動物共存に難しさも 八幡西区
 2009年01月15日 迷い猫対策 識別チップ手術に助成 福岡市、装着率向上狙う
 2008年12月30日 犬猫殺処分 有料に 福岡県と北九州など3市方針
 2008年12月18日 野良猫限定 不妊・去勢手術 福岡市タダ 昨年度2700匹
 2008年11月16日 犬猫殺処分NO! 最多級の福岡県 官民タッグ


気がする…個人的感想です。全国的に広まっている!と、思いたいものです。
記事にするだけでなく、自分も、自分に出来る何かを見つけて動かねばと・・・。
思うだけで動かない。結局は何もしてないことと同じ。。。


にほんブログ村 猫ブログ MIX黒猫へ
何か問題があった時や 個人的に伝えたい想いなどございましたら、お気軽にどうぞ♪
mama_yamato★yahoo.co.jp
お手数ですが「★」を「@」に変更の上、送信願います(v^ー゜)

テーマ:

ジャンル: ペット

難しい話  :  trackback --  :  comment 2  : 

コメント

初めまして

事後報告になり大変申し訳ないのですが、当ブログにて、この記事を紹介させていただきました。
私もYAHOOニュースを読んだ折、注目していたニュースで、本日ブログで紹介しようとしたところ、ニュース記事はすでになく…少し探したところ、こちらに行き当たりました。
忘備録として残してくださっていて嬉しかったです♪
ありがとうございました。
2009.03.21 Sat 15:01 : URL : ミッチョン #00J7NHAA : 編集 :

> ミッチョン 様

こちらこそ、ありがとうございます。
備忘録でも、お役に立てればうれしゅうございます♪
これからも、何かありましたら…何も無くても、遊びに来てくださいませ\(^◇^)/
2009.03.21 Sat 15:23 : URL : ヤマト母 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。